遊ぶ子ども

保育士の資格を取得するために|大学から専門学校まで

子供が好きな人の仕事

ペン

保育士の仕事はこれから働きやすい環境が整っていきます。待遇や給与の面でも改善がなされてきており、産休後の復帰などもしやすい環境が整えられています。最近では待機児童も問題視されている事から保育士のニーズは高まる一方です。

詳細を読む

楽しく学び幼児教育のプロ

学習

学習スタイルいろいろ

保育園の不足が問題視され、注目を集めている保育士という職業、資格を取って働くためにはどのような方法があるのでしょうか。保育士の資格を取るためには、主に2つの道があります。一つは保育士養成校で所定の教育を受けること、もう一つは保育士試験を受験し、合格することです。ただし、独学で受けて簡単に受かる、という試験ではありませんから、ここは学校へ通って勉強することが望ましいでしょう。学校を選ぶ場合、4年生大学、短期大学、専門学校とあり、それぞれ特徴やメリットがあります。自分の目的に合った学習スタイルはどこか、よく考えてから学校を選ぶようにしましょう。また、専門学校の場合、認定校と併修校と2種類あり、併修校の場合には短期大学の通信教育を併修しませんと保育士資格が取れないことになっていますから、注意しましょう。ピカピカの保育士になって、悩めるママたちの強い味方になりましょう。

人気の秘密はこの多様性

今、保育士資格を取得できる養成校が、注目を集めています。人気の秘密は何なのでしょうか。一つには、保育士の勉強をしたり資格を取ることができる養成校には様々なスタイルがあり、自由度が高いということがあげられます。例えば、4年制大学では児童心理学など理論に重点を置いた勉強ができますし、4年間かけてじっくりと保育士という仕事について考えることができます。短期大学では実践的な勉強ができ、しかも最短2年間で資格を取得できるのです。幼稚園経論など他の資格を同時に取得することができる学校もあります。また、専門学校では卒業後のサポートをしてくれる所があるなど、より個性的な点が魅力です。様々なスタイルを自分に合わせて選択できる保育士養成校、これからも資格取得を目指す人たちの支持を集めることでしょう。

社会人や主婦でも習得可能

婦人

保育士資格は厚生労働省が指定した養成校である大学、短大、専門学校などを卒業する他、保育士試験に合格することにより習得できます。保育士試験対策講座は教育訓練として給付金がもらえる講座もあります。また忙しい人のためにはインターネット講座もあります。

詳細を読む

保育士になるには

本を持つ女性

保育園等の増加によって活躍の場が増えたこと、卒業後、ある程度就職先が確保されていることから、保育士育成の学校は人気となっています。しかし、保育士育成の学校の入試試験にピアノ曲の課題が出される場合があるため、保育士になると決めたら、五教科の勉強だけでなく、小さい内からのピアノの練習が必要です。

詳細を読む